会員専用ページ

防災安全ガラス

機能ガラス普及推進協議会が「防災安全ガラス」を岡山県和気町立本荘小学校体育館に寄贈しました。

2018.05.31

機能ガラス普及推進協議会が、岡山県和気町立本荘小学校体育館に「防災安全ガラス」153枚および強化ガラス3枚を寄贈しました。
昨年11月の奈良県生駒市立真弓小学校体育館に続き2件目の「防災安全ガラス」寄贈となります。
本荘小学校体育館は、和気町稲坪地区の広域避難所に指定されており、ガラスの取り換え工事は地元のガラス店などが参加して3月に行われました。

5月31日に寄贈式が和気町総合福祉センターで実施され、機能ガラス普及推進協議会企画運営委員会の森谷茂明委員長より和気町草加信義町長に目録が渡されました。
引き続き本荘小学校で行われた出張授業には4~6年の児童122人が参加し、ガラスの歴史や機能などについての講義を受けたあと、代表が防災安全ガラスを含む4種類のガラスをハンマーで割る実験を行い、強度や飛散するガラス片の大きさなどを確認しました。

※掲載写真は© ガラス新聞社となります。

トピックス一覧に戻る

  • 防災安全ガラス
  • AGC AGCの防災安全ガラス ラミセーフセキュリティ
  • NSG 日本板硝子の防災安全ガラス ラミペーン
  • セントラル硝子の防災安全ガラス ラミレックス
  • 省エネガラスならエコガラス
  • NSG 日本板硝子のエコガラス
  • AGC AGCのエコガラス
  • セントラル硝子のエコガラス
  • 5団体防犯建物部品普及促進協議会
  • 住宅部品スペシャルサイトジュウテン
  • ガラス産業連合会